結婚指輪・婚約指輪にまつわるおカネの話

ブライダルリングの相場はいくら?みんなの予算はどれくらい?

結婚指輪の金額の話


パートナーとのご結婚を考えている皆さん!

「結婚」っていざ現実味を帯びてくると、考えることが多くて大変ですよね。

「どんなデザインがいいの?」
「婚約指輪・結婚指輪の価格はどれくらいがいいの?相場はいくら?」
「婚約指輪は男が買うものって相場は決まっているけど…じゃあ結婚指輪は?」

婚約指輪・結婚指輪にまつわる色んなお悩みがあると思います。

その中でも今回は、婚約指輪と結婚指輪の 相場の疑問について詳しくご紹介!

婚約指輪と結婚指輪の一般的な価格相場やそれぞれの相場の差異の理由など、皆さんが持つ様々な疑問をいっしょに解決していきましょう。

選ぶ際の目安の1つとして、婚約指輪と結婚指輪の相場はしっかり知っておくべきです。

是非、パートナーの方といっしょに読み進めてみてください!



婚約指輪と結婚指輪の違いってなに? 相場も違う?


まず初めに、あなたは 婚約指輪と結婚指輪の違いってわかりますか?実は結構違いを知らない人もいるんです。そこでまずは婚約指輪と結婚指輪の違いについて簡単にご説明します。

その次に、その中でも特に「相場価格の違い」に焦点を当てて2つの指輪の違いをご説明していきます。

婚約指輪


「結婚しましょう」と誓った男女の間で、男性から女性に向けて贈られるのが 「婚約指輪」です。実際に挙式をして籍を入れるまで、婚約した証として存在意義を持つのが「婚約指輪」。

ドラマや映画の中で、指輪が入った箱をぱかっと開けて男性が女性に差し出すプロポーズのシーンをよくみませんか?

あのプロポーズのシーンで差し出すのが婚約指輪です。

結婚指輪


一方で結婚指輪は、基本的には夫婦でつけるペアリングです。

結婚式で、結婚する男女が指輪の交換を行いますよね?それが 「結婚指輪」で「結婚したことの証明」として互いに交換します。

結婚した男女は基本的には、常に左手の薬指に指輪をしています。
あれは婚約指輪ではなく、結婚指輪です。

逆に婚約指輪は結婚後は普段は着けません。
普段使いが使用用途ではなく、パーティや式典などで使用します。

婚約指輪と結婚指輪のおおまかな違いは、とりあえず上記のことを理解しておけば大丈夫でしょう。 もっと婚約指輪と結婚指輪の違いについて詳しく知りたいと思う方は当サイトのこちらも読んでみてください。

それでは本題の、婚約指輪と結婚指輪の 「相場価格の違い」について。

婚約指輪と結婚指輪の相場価格の違い


婚約指輪は 30万円前後が平均相場です。
昔からよく言われる「給料3ヶ月分」という相場は、実は実際の婚約指輪の相場価格にはあまり当てはまらないようですね。

「給料1ヶ月分か、1ヶ月分プラスαぐらい」という相場の印象。

対して、結婚指輪1つあたりの相場は婚約指輪の相場と違いかなり低めです。
理由や詳しい数字は後述しますが、平均で10万前後が相場。

また、結婚指輪の相場価格は婚約指輪の相場に比べてとても幅広いのも特徴。
結婚指輪は平均は約25万ですが、大体20万円〜40万円が一般的な相場で、そのあたりで購入されることが多いです。

というのも結婚指輪は婚約指輪と違い、「男性が買う」という固定観念があまり無くどちらがどれくらいお金を出すのかは カップルによって違いが出るんです。

1人で出すのか、2人で出すのかによって金額って大きく違いが出てきますよね?

相場の違いや具体的な金額、なぜ結婚指輪はカップルによって支払い方法にも違いが生まれるのかなど、もっと知りたい人のために次章から 更に詳しくご説明します。



他のみんなの指輪はいくら?一般的な相場は?


ゼクシィの結婚トレンド調査2016によると、婚約指輪の平均相場価格は39.4万円、結婚指輪の平均相場価格は2つ合わせて25.8万円。

婚約指輪の相場は、結婚指輪の相場価格の 約1.5倍
しかも結婚指輪は2つで上記の相場であるため指輪1つの相場はさらに半分になります。

なぜ婚約指輪と結婚指輪の相場にここまで差が出るのか。

理由は、多くのカップルが婚約指輪にはダイヤモンドを付け、一方で結婚指輪はシンプルなものにする傾向があるから。

婚約指輪は、ダイヤモンドなどの石がついているタイプのものが人気でデザインも豊富。 婚約指輪を贈る側の男性も受け取る側の女性に喜んでほしいからこそ、1度きりのプロポーズにはやはりお金をかけがち。これが婚約指輪の相場価格が高い大きな理由です。

更に、婚約指輪はダイヤモンドの大きさや質が選ぶ人によってバラバラになるため、基本的にオーダーメイドになります。これも婚約指輪の相場を底上げしている理由の1つ。

逆に、 日常的に身に着けることが前提の結婚指輪はシンプルなデザインで石もついていないものが人気です。

ダイヤなどが光る凝ったデザインの結婚指輪は弔事などにつけていくことが出来ませんし、シンプルな結婚指輪のほうが飽きが来ず、長く着け続けていけます。

上記のような理由から結婚指輪は比較的相場の価格が低くなっています。

これが婚約指輪と結婚指輪の相場が違う理由。


とは言え、ここまで紹介した価格はあくまでも相場です。

特に結婚指輪に関しては、最終的にはパートナーの方とよく話し合って、相場に囚われすぎることなく、 お互いが納得できる金額設定をするのが良いと思います。

あくまでも相場は目安として見るべきです。

結婚指輪はこれからずっと身に着けていくものですから、無理のない予算で、納得のいくデザインや品質の結婚指輪をみつけてください♪


次に、前述した 「なぜ結婚指輪はカップルによって支払い方法に違いが生まれるのか」をご説明します。



支払いはどちらが払う?


婚約指輪は、男性が女性にプレゼントするものですよね?

しかし、結婚指輪はどちらか片方がパートナーのために買うものではありません。
お互いが永遠の愛を誓い合ってともに着けるのが結婚指輪です。

結婚式で交換しお互いが身に着けるものであるからこそ、それぞれの カップルの価値観や話し合いによって支払い方法は大きく変わります。

主に4パターンにわけられるので、1つずつ紹介していきますね。

@男性が支払い


この支払い方法の多くは、男性に「指輪は男が買って当然だ」という思いがあるため。また、女性にも「指輪は全て男性に支払いしてもらいたい」という気持ちがある場合が多いです。

上記の理由以外にも、「婚約指輪を買っていないから」という理由もあります。

結婚指輪は 9割以上のカップルが購入しますが、男性が女性に婚約指輪をプレゼントしないことは近年ではさほど珍しいことではありません。

「婚約指輪を買わない代わりに、結婚指輪は男性が全額支払い」という流れです。

もしかすると、婚約指輪と結婚指輪についてまだあまり詳しくない方ならこの支払い方法がいちばんしっくりくるかも。

しかし、実は次に紹介するパターンが近年の一般的なスタイルだったりします。


A2人で払う


2人で結婚指輪を購入し、2人で支払う方法です。
  • 「半分ずつにしよう」と決め事をしておいて実際に折半にする場合
  • 「婚約後に財布を共同にしたため必然的に折半になった」という場合
  • お互いの結婚指輪の代金を支払い、贈り合うという場合

があります。

結婚指輪以外にもその先様々な費用がかかりますし、この支払い方法がいちばん良い方法であると思われます。

また、これからともに様々な困難を乗り越えていかなければならないパートナー同士ですから、「負担は2人でともに背負っていく」という自覚が生まれて良いかもしれません。


B自分の結婚指輪は自分で支払い


この支払い方法は、男性と女性の結婚指輪の相場の差が大きいがゆえの選択肢。

女性の結婚指輪は男性のものよりも装飾やデザインが凝っているものが多いです。 そのため、女性用の結婚指輪の相場は男性用の結婚指輪の相場より高くなることも珍しくありません。

「せっかく毎日着けるものだからこそデザインや石にこだわりたい」

そう考える女性にとって良い支払い方法であると言えます。

価格に大きな差が出てしまったときでもお互いに安心して支払いすることができます。


C女性が支払い


このパターンは、驚かれる方が多いかも。

でも実は、最近は意外とこのパターンもあるんです。
この支払い方法は、女性が 「婚約指輪を贈ってもらったお返しを結婚指輪で」と考えている場合の選択肢です。


結婚指輪の支払い方法は大体上記の4つのどれかになります。 支払い方法には様々なパターンがあり、カップルによって色々です。パートナーとよく話し合って素敵な買い方を考えてみてください。

しかし、中には上記のどのパターンであれ 「相場ほどお金はかけられない…」という方もいるかと思います。でも、 「一生に1度きりだしちゃんと指輪ぐらい買いたい…」って思いますよね。

そこで最後に、10万円前後でも購入可能な比較的相場より安い結婚指輪のブランドをご紹介します。


大丈夫です!
デザインや品質が優れていても相場より安い結婚指輪のブランドもありますよ!




安い結婚指輪もたくさんある〜相場に流されず選ぼう〜


相場より低いってどうなの?


「相場より安い結婚指輪」がパートナーや周囲の人にどう思われるのか、気になっている方も多いかと思います。

単刀直入に言うと、周りの相場は関係ありません。相場はあまり気にしないでください。
相場はあくまでも目安であり、その相場で結婚指輪を買わなければいけないという決まり事ではありません。

大切なのは 「パートナーと自分がお互いに納得し合えているか」ということです。

是非パートナーときちんと話し合い、無理のない予算で素敵な指輪をみつけてください♪


では、本題である10万円前後で買える相場より安い結婚指輪のおすすめブランドを厳選して3つほどご紹介します。


俄-NIWAKA-(ニワカ)


私が最もおすすめするのは俄というブランド。

俄は伝統と歴史ある街”京都”で生まれたブランドで、最大の特徴は1つ1つの指輪に物語があり、日本語の名前がついていること。

熟練の職人によって手作りで作られる俄の指輪は至る所に日本らしい美意識がうかがえます。

また、デザインもとても豊富なのですが、これらの様々なこだわりに見合わないほど本当に価格が安い!

安いものであれば結婚指輪は2人分でも15万円前後で手に入ります。


BRILLIANCE+(ブリリアンス+)


ブリリアンスは、おすすめの人気通販ブランドです。

このブランドの強みはなんといっても価格。 通販というスタイルをとることで流通経路を簡略化し、可能な限り経費を削減しているため、価格が相場に左右されず、本当に安い!

さらに、ただ安いだけではなくきちんと日本製且つオーダーメイド製。 ダイヤモンドにも厳しい基準を設け、鑑定は第三者機関に委ねることで品質もちゃんと保たれています。

通販の不安を解消するために、実店舗もちゃんとあったりサンプル無料貸出を行っていたりと、その他のサービスなども充実しています。

正真正銘の 「品質が優れていて安い結婚指輪」を作るブランドです。


4℃(ヨンドシー)


最後に有名なブランドを1つ。

4℃は言わずもがな、誰もが知る人気ジュエリーブランドです。 このブランドの結婚指輪、やはり有名なブランドであるだけに相場価格は高いと思われがち。しかし、意外と10万円前後で買えてしまう結婚指輪も結構あるんです♪

相場相場より安くても人気ブランド名がついた結婚指輪を手に入れることができる、というのは嬉しいですね。


上記の3つはある程度有名で人気があり、尚且つ相場価格より安い結婚指輪を販売しているブランドとして紹介しました。

これ以外にも、相場価格より安く結婚指輪を買う方法はいくつかありますよ。

最近は流行りもあって、婚約指輪と結婚指輪がセット価格で買えるブランドも多数。

また、当サイトでも 他のページでご紹介していますが、手作りで結婚指輪を作るという方法もあります。

これも、選ぶお店によってはかなり安い結婚指輪が作れます。
相場価格より安い結婚指輪は意外とたくさんありますから、予算があまりない方も諦めずにパートナーが喜んでくれる指輪をゆっくり探していきましょう!



まとめ


婚約指輪と結婚指輪のお金に関することについてここまでご説明してきましたが、いかがでしたか?

繰り返しになりますが、いちばん大切なことは相場や購入価格ではなく、 「パートナーと自分が納得できる答えを出すこと」です。

そのためには、パートナーとたくさん話し合って、お互いの好みや希望をよーく理解してあげてください。

ふたりともが納得できる良い婚約指輪・結婚指輪がみつかるといいですね♪


 
HOME 人気ブランド 相場・平均 ハンドメイドリング 指輪基礎知識 オススメデザイン